ゆきりぬの学歴が凄い。高校のパンフにも掲載!でも業者だった?


(2017/3/16更新)ゲーム実況で大人気になった配信者ゆきりぬ。最近ではニコ生から活動の場をYouTubeに移して、YouTuberとしての活動を積極的に行っています。

モンストの実況は特に人気ですね!ボーイッシュな美女と言った感じです。人気が出るのも頷けます。

ルックスだけでなく頭も良いようで、学歴に関しても進学校から国立大学に進学しており、ゆきりぬの勉強法が話題になっています。

しかし、管理人は違和感を覚えているところがあります。それは、ゆきりぬは2016年6月に配信を始めた超後発組なんですが、全然素人感がないということです。

活動期間の短さの割に、どうも雑誌や他企業とのタイアップが多いんですよね。

ニコ生での配信時代には特に、業者がついているのではないか?との疑惑が持ち上がりました。

今回は、ゆきりぬの学歴と業者疑惑について、詳しく調べてみました!
sponsored link

ゆきりぬの学歴について。高校はどこ?制服写真を発見!

ゆきりぬの学歴についてですが、高校が桐蔭学園高校女子部理数科です。

桐蔭学園は神奈川県屈指のマンモス校で、1学年の人数だけで1000人を超えるような学校です。

有名な卒業生も数多く出ていて、あの織田裕二や水嶋ヒロも卒業生です。

その中でも、ゆきりぬが卒業した女子部理数科の偏差値はなんと70!

神奈川県内の私立高校としては、No.2の偏差値です。桐蔭学園高校女子部理数科以上の偏差値の学校は慶應義塾高校しか存在しません。

毎年クラスのトップ成績者は東大か京大に行くようなクラスです。文句なしの進学校ですね。

そんな、ゆきりぬの高校生時代の写真はこちらです。貴重な制服姿!

実はゆきりぬは小学生時代に芸能事務所に所属していたこともあり、集合写真の中ではやっぱりダントツ美人でした。
sponsored link

ゆきりぬの大学は?進学実績が桐蔭学園パンフレットに掲載された件について。

ゆきりぬは横浜国立大学理工学部機械工学・材料系学科の卒業です。偏差値は5科目受験で60なので、高学歴の部類に入ります。

センター試験の得点率も、80%は最低でも必要な学校です。

情報を色々と調べていたら、本名”今野由紀子”として桐蔭学園高校のパンフレットに載っていたことを発見しました!それがこちらの画像。

これが、横浜国立大学卒業の証拠になります。

そんな頭のいいゆきりぬですが、中学時代はかなり勉強が苦手だったとのことで、234人中233位と、下から2番めの順位でした。

中学はいったいどこだったんでしょうか。

公立中学の下から2番めの生徒が桐蔭学園高校女子部理数科に入れるとは思えないので、同じく桐蔭学園中等部からエスカレーターで進学したという可能性が高そうです。

そして、桐蔭学園中等部女子の偏差値を調べてみたところ、45でした。

高いとはいえない偏差値なので、その中で下から2番めとなったら本当に勉強ができない子だったと思います。

そこから高校時代に努力で数学の偏差値を82まで上げたとのことなので、かなりすごいですね・・・

以前話題になった”ビリギャル”は、進学校の最下位から慶應義塾に入ったということで「もともと頭良かったんじゃないか」と言われまくってました。

しかし、ゆきりぬは本当に勉強が苦手なところから努力で頑張ったんだなということがわかります。
sponsored link

ニコ生配信者ゆきりぬは業者だったのか?

ニコ生には”宣伝”というシステムがあります。

この宣伝の仕組みを説明すると、視聴者が「もっと多くの人に見てほしい!」と思った動画や生放送にポイント(お金)を払い、検索結果の上位に表示させる仕組みです。

つまりゆきりぬの場合で言うと、視聴者がもっとゆきりぬを有名にするために、他のユーザーにお金を払って宣伝するような仕組みですね。

ニコニコ動画には”もっと評価されるべき”というタグがあり、埋もれている配信者のファンは、もっと後押ししたいという気持ちをこうやって自らのお金の広告で表現する文化があります。


出典:http://uad.nicovideo.jp/
そんなゆきりぬには、ニコ生時代には桁違いの宣伝費をつぎ込むユーザーがいました。その額なんと90万円!!

ニコ生の広告は100円からでもできるので、これがいかに異常な額かはひと目でわかります。

この広告がきっかけでゆきりぬはニコニコ動画内で多くの人の目に触れることになり、人気が一気に高まりました。

この事実から考えると、ゆきりぬが事務所などなんらかの業者の後押しを受けて、動画配信デビューをしたと考える人がいてもムリはありません…

むしろ、状況から考えると業者だった可能性のほうが高いくらいです。

業者だから悪いということは一概に言えませんが、営業活動の一環として動画配信をしていたことがわかると萎えてしまう視聴者の方もいるようです。まあその気持ちもわかりますよね。

とはいえ管理人は、仮に業者だったとしてもゆきりぬに対して否定的な立場ではありません。

例え90万円の宣伝費をかけていたとしても、ゆきりぬ自身に全く魅力がなければ、その後人気がブレイクすることもありません。

確かにゆきりぬは業者だったかも知れないし、ビジネスとして動画配信をやっていた可能性もあるかなあと思います。

他のニコ動の生配信者と違って、”オタク感”みたいなのもとても薄いですしね・・・

ニコ生のトップ配信者と言われるまことは、ゆきりぬと同じくらいの美人だと思いますが(しかも巨乳)、ぜんぜんゆきりぬとタイプが違いますよね。

【関連記事】まこと(ニコ生)の素顔と胸がすごい!結婚と元カレの真相は?

小島ふかせにしてもそうです。美人ですが完全に別世界の住人です。笑

【関連記事】小島ふかせの車椅子や病気の理由はなに?ドルジとの喧嘩の詳細も調べた。

話を戻します。仮にゆきりぬの宣伝に業者のお金が入っていたとしても・・・

それでも多くの人にファンになってもらって、動画を診てもらうということは簡単なことではないはずです。

結果的に得た人気は、ゆきりぬ自身の実力で掴んだものです。

これからゆきりぬがどんな活動をしていくのか、楽しみに見ていきたいと思います。

以上、ゆきりぬの学歴や高校のパンフへの掲載情報、業者疑惑についての検証でした。

コメント

  1. 名無しの配信者 より:

    ニコ生当時から見ていた者だが、広告つぎ込んだのは投資家のリスナーだよ。
    https://twitter.com/tomo2525_2525
    ↑この人

  2. 名無しの配信者 より:

    桐蔭なんだか桐光なんだか

  3. 名無しの配信者 より:

    この時90件ぐらい色んな人が広告打ってたよね
    俺も一般ユーザーで4~5桁の広告打ったけどこんな決めつけで記事にするのは違和感
    応援したいだけだったんだけどなぁ

  4. 名無しの配信者 より:

    83ってどの模試受けたらそうなるんだよw
    まさか進研模試?