風雅なおと(歌ってみた)の年齢や顔出しは?病気を患っている?


ボーカロイド・KAITOの音声提供者であり、『卑怯戦隊うろたんだー』や『千年の独奏歌』で知られるプロのスタジオミュージシャン・風雅なおとについて紹介していきます。

ニコニコ動画に歌ってみたを投稿すると『歌っていただいた』などの尊敬タグが付き、KAITO の雰囲気そのままに甘く柔らかな歌声でファンは釘付け状態です。

Twitterのフォロワー数8000人ほどですが、風雅なおとの顔や年齢、患っているとされる病気の種類などはあまり知られていません。

そんな風雅なおとについて、今回は紐解いていきます!
sponsored link

 風雅なおとのプロフィールをwiki風にご紹介!

はじめに風雅なおとのプロフィールを紹介していきます。

例のサイトの右側に表示される一覧表のイメージをうまく表現できていれば嬉しいです。

 

ふうが   なおと 

風雅 なおと

           プロフィール            

本名   不明(非公開)

愛称   お父さん

性別   男性

出生地  日本・茨城県鹿嶋市(ブログより)

     日本・三重県四日市市(Facebookより)

誕生日  19XX年9月17日(??歳)

身長   155cm~170cm(推定)

職業   スタジオミュージシャン・音楽講師・声優

事務所  なし(フリーで活動)

中国語  2009年あたりから勉強開始

         音楽活動         

活動期間  20歳の頃にはすでに活動開始済み

職種    歌手

デビュー作 特警ウインスペクターOP主題歌カバー

風雅なおとで検索をかけると、出身地の情報がなぜか2ヶ所存在していました。

旧・公式のブログでは「うちの親が、茨城県鹿島のうちを引き払って」の記載があり、公式(と思われる)Facebookでの出身は三重県四日市市になっています。

風雅なおとがそれぞれのサイトで表記している出身が複数ある以上、2つとも冗談の可能性も否定できません。

ただ信憑性という意味なら旧・公式ブログのほうが自身の親のエピソードも混じっていましたので、茨城県鹿嶋市のほうが有力でしょう。

風雅なおとの本名は非公開とされていますが、現在の名前になる前は本名で活動していたと旧・公式ブログで書かれていました。

芸名である「風雅なおと」の名前はとある先生と呼ぶ方が風雅なおとの夢や思いを聞いて付けてくれたものらしく、「風雅な音」の意味も込められているのだとか。

名前を付けてくれるほどの人ですから、よほど親しい間柄なのかもしれませんね。

愛称は「風雅なおとさん」を「ふうがなおとうさん」と見間違える人が多く、結果的に「(KAITOの)お父さん」に変わったとされています。

KAITOと風雅なおとは同一人物の声なので当然声も似ていますし、自然なネーミングに感じますね。

風雅なおともKAITOの誕生日を祝ったりするなど、とてもキャラクターに対して愛着があるようです。

風雅なおとのデビュー作に関しては、ネット上にある最古の情報が『特警ウインスペクターOP主題歌カバー』でした。

他に、『伊勢崎オートレース場』テーマソングも1990年代に場内で発売していたという情報もあります。(下で詳しく考察させて頂きますね。)
sponsored link

風雅なおとの身長を推定で割り出してみた!

そして記載した身長なのですが、こちらもはっきりしたものが分からずこちらの画像を参考に出したものになります。

顔出しについては下で詳しくご紹介させて頂きます。

風雅なおとが立っている背面の絵は池袋にあるファミマのものと判明。

上の画像のファミマ特有の緑の線を元に、下の画像の身長計の画像と照らし合わせて、風雅なおとの身長を目算すると…。

上の風雅なおとのプロフィール表に記載した推定の身長が「155~170cm」になります。

写真同士を重ねて見ると「165cm」くらい。

この身長計の画像も高さの位置が合っているかは分かりませんので、大体の高さで見させて頂きました。

風雅なおとの趣味は?

現在もプロのスタジオミュージシャンとして活躍されている風雅なおとさんの趣味は『ガーデニング』。

しかもその趣味のガーデニングが講じてオークションで植物を落札するために、インターネットを一生懸命勉強したという情報があるほどです。

もし風雅なおとがプロのスタジオミュージシャンになっていなかったら、ガーデニングを活かした仕事に就いていた未来もあったのかもしれませんね。
sponsored link

風雅なおとのマメ知識!

ファンなら知っているという風雅なおとさんのマメ知識もご紹介します。

・子どもの頃から霊感があり、呼び込んでしまうなど本人も困っている。

・よくスープカレー老舗店の「マジックスパイス」に行き、タイアップしている。

・飼っている猫達は3匹いたが、どの子も天寿を全うし天国に旅立っている。

・猫の名前は「ひなちゃん(♂)」「マルちゃん(♂)」「ミニィちゃん(♀)」。

・虫が苦手で、雨男と公言している。

Twitterから本人の発言をかいつまんで拾わせて頂きました。

風雅なおとの飼っていた猫達は、Twitterのアイコンやヘッダーに設定されていますので、その愛らしい姿を今でも見ることができますよ。

 風雅なおとの年齢について

気になる風雅なおとの年齢ですが、こちらも非公開としています。

ただ、風雅なおとは「20歳のころから歌の仕事をしていた」と旧・公式ブログで言っていました。

活動歴30年を越えるとの話もあります。

20歳前については触れられていませんので、少なくとも45歳以上にはなると予想できます。

風雅なおと本人もTwitterで「私ほんと結構な年ですよ」との発言もあるのですが、歌やツイートを見ていると、まだまだ20代でもいけてしまうような若々しさがありますよね。

音声を提供したKAITOもキャラクターとしての年齢や身長などの設定がなく、曲イメージによって表現も自由に変われることから、あえて年齢を非公開としているのもこういったイメージを崩さないように…との配慮かもしれません。
sponsored link

 風雅なおとの顔出しについて

みなさんが気になっている風雅なおとの顔出しについてですが、Twitterを含めまったく隠してはおりませんでした。

愛称「お父さん」の通り、優しげな雰囲気が写真からも伝わってきます。

しかも風雅なおとのファッションは写真を見るかぎりどれも落ち着いた色が多く、見た目からもかなり安心感があります。

画像はインドの衣装でクルタというものなのですが、風雅なおとは自身のTwitterに投稿した際に「なんか顔が落語家みたい(笑) あと 料理研究家の結城先生みたい^_^;」とコメント。

その後に「孤児院運営の神父の元に久しぶりに集まった教え子みたい」とツイートしているので、おちゃめな性格がうかがえます。

 風雅なおとの歌手活動について

風雅なおとの歌手活動ですが、プロのスタジオミュージシャンで現在も変わりません

このスタジオミュージシャンという職業は、自分以外のミュージシャンがCDをレコーディングする際にを演奏などのサポートをするというもの。

しかもスタジオミュージシャンは、調べれば調べるほど音楽技術が高くなければ食っていけない職業で、風雅なおとの活動歴からも相当な技術を要していると思います。

風雅なおとの主な仕事はバックコーラスらしく、さまざまな数の作品に彼の名前を見つけることができました。

最近の作品だとニコニコ動画でも「あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~」でお馴染みの『ご注文はうさぎですか?』のオープニング『Daydream café〜タカヒロ×青山ブルーマウンテン デュエットVer.〜』にも参加していますね。

また、風雅なおと自身もCDを発売していている傍ら、ニコニコ動画にも歌を投稿しています。

KAITOファンにもたまらないその歌声は、まるで生きているKAITOそのもの。

難解な歌さえもすらりとなめらかに歌ってしまうので、KAITOファンが風雅なおと本人のファンになることがとても多いと聞きました。

sponsored link

 風雅なおとの病気について

最後に、風雅なおとが患った病気についてお話していきます。

筆者が確認できた病気は2つでした。

・2013年の旧・ブログで『シェーグレン症候群』の報告。

今、シェーグレン症候群という病気を患ってて、唾液がほとんど出なくてそのことで、ああそのせいで、上手く歌えない、声が出ない~~とか、いつもイライラかりかり、病気さえなかったらもっと楽しく声出せるのに~とか、もっと上手く歌えるのに~とか 頭の中を同じことがループしてばかり^^(公式ブログ引用)

「今は」と言われているので、現在は完治している可能性大です。

こういった病気は仕事柄辛いものでしょうから、完治していることを祈ります。

・2016年のTwitterで『胆石による入院』の報告。

こちらの報告では激痛に耐え1週間後に無事退院しておりますので、現在は元気に歌う風雅なおとの姿がTwitterに投稿されています。

胆石は本当にこの世とは思えないほどの激痛と聞きますから、風雅なおとの入院期間のツイートでもたくさんの方から励ましのコメントが寄せられていました。

以上、風雅なおとについての考察や顔出し・病気などの調査結果でした!