江崎びす子のまとめ!ゲイ公表のイケメン彼氏持ちイラストレーター!


毒舌とは違う、女性あるあるをビシリと絵で表現するイラストレーターの江崎びす子

ツイッターフォロワー数は17万3000人と、人気イラストレーターでもここまでのフォロワー数を得ている人はなかなかいません。

今回はそんな超人気イラストレーター、そして漫画家の江崎びす子についてご紹介します!
sponsored link

「江崎びす子」とは何者?

江崎びす子とは、美人系な超イケメンと言われている日本のイラストレーターです。

代表作品は『メンヘラチャン(メンヘラちゃん)』で、「可愛い外見なのにメンヘラ」といったアクセント強めなキャラクターが登場する人気ウェブ漫画となっています。

そしてこちらの画像は、Twitterを利用しているユーザーなら見たことがあるかもしれません。

江崎びす子が描いたことでTwitterで話題となったかまってちゃん女子のあるある系を皮肉まじりに表したイラストです。

筆者も当時Twitterのタイムライン上で画像を見たことがあり、まさにこのような友人がいるので深く頷いてしまいました。

しかもこのタイプの女性は「ほんとにブスだな」なんて本音リプライを送ってしまうと、もれなくブロックされるという罠が潜んでいるんですよね・・・気をつけましょう。

本人は「可愛い」と言われる自信があって、自分のことを「ブス」と表現しているだけです。見るべきはその謙虚さですね。

(何を言っているのか筆者も分かりませんが、この手のツイートはそういうことです)

江崎びすこはTwitterへのイラスト投稿を今でも頻繁に行っていますので、絵を描くスピードはかなり早い方なのではないでしょうか。

使用しているSNSはTwitterだけではなく、Instagram(インスタ)や公式ブログ等ファンにとってはさまざまな情報入手場所がありますね。

また、イラストレーターには珍しくネット上でも素顔を公開している1人です。
sponsored link

atelierM.Uって?会社なの?

江崎びす子はどこかの会社に所属しているイラストレーターではなく、『atelierM.U』という名前で活動を行っています。

所属事務所として『atelierM.U』を検索をしても、会社としての情報が引っかかってくる様子は無いため、活動上のサークル名なのかもしれません。

つまり、他の人気のイラストレーター同様に、江崎びす子もフリーイラストレーターという扱いで合っているのではないでしょうか。

公式サイトでは、江崎びす子についてこのように書かれています。

atelierM.U(アトリエ・ムゥ)こと江崎びす子の生み出すキャラクターは

そのほとんどが「カワイイ+α」で出来ています。

カワイイ、けど闇をかかえていたり。

カワイイ、けどちょっとコワかったり。

カワイイ、けど可哀想だったり。。。

カワイイをベースに、それとは真逆の要素を加えることで

記憶に残る、見た人にインパクトを与えるキャラクターが

生まれ、皆さんの応援と協力と愛により、そのキャラクター達

が、それぞれの分野で自分の特徴を生かし活動をしています。

これまで、「女子のある行動」に誰もが心の中でツッコミを入れるだけで表に出さなかった内容を、的確に出していく江崎びす子のブラックユーモアな作風は思わずクスッときてクセになりますよね。

江崎びす子のwiki風のプロフィール!性別は男なの?

では、江崎びす子のプロフィールをご紹介します。

 さざき びすこ    

江崎 びす子  

            プロフィール            

本名   非公開

性別   男性

出身地  非公開

誕生日  1995年1月30日

年齢   22歳

身長   178cm

職業   イラストレーター

住み   東京都

代表作  メンヘラチャン

好きな作品  パワーパフガールズ

自身の性質について、ゲイであることを公表している江崎びす子

外見はスラリと高身長なモデルのようで、肌も女子以上にキレイだと評判です。

家が裕福な家庭だったためか、江崎の幼少期は厳しいしつけや習い事の日々で現実逃避のために絵を描いていたといいます。

「絵を描いている時は辛いことをすべて忘れられた」と話していて、江崎にとって絵とは幸せを掴む第一歩だったのかもしれません。

小学3年生で辛いとしか言えなかった習い事・しつけ生活は突然終りを迎え、母子家庭の貧乏な生活へ。

ですが今度は祖母からの陰湿ないじめや虐待の日々となり、ご飯を食べるのもやっとの扱いを受け肩身の狭い毎日だったことも明かしています。

小学3年~高校までに通っていた学校も相当治安が悪かったようで、クラスによる先生いじめで1年間に4回も担任が変わるほどだったそうなのです。

その中で江崎もターゲットにされてしまい、高校は定時制へ進学しました。

これにより「学校はどこ?美術系?」といったファンの声があるものの、これ以上の詳しい情報開示は無いため、本当に辛かったことが伝わってきますね。

一部では「学生なの?」等のコメントも寄せられていますが、Twitterでは「大学行ってません」と江崎がリプライを送っていました。

性格については江崎びす子本人がこのように発言。

Twitterでは女子あるあるイラスト(漫画)のように白黒ハッキリとした物言いが印象的ですから、姉御肌なのでしょう。
sponsored link

江崎びす子のプロデューサー・マネージャーは?

江崎びす子を支える存在に「森永ぐりこ」という女性がいます。

彼女は江崎びすこの母親で、江崎が活動をする上で大切なパートナーです。

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後
ジュエリーデザイナーを営みブランド開発等を手掛ける。

森永もツイッターを使用しており、フォロワー数は約2000人

ウクレレ日本1位の奏者と言われている「鈴木智貴」のファンらしく、ツイッターでは自身もウクレレを始めていました。

江崎びす子の彼氏は誰なのか?そもそもゲイとホモの違いって?

江崎びす子は上でもご紹介したように、自らをゲイだと公表しています。

その為、女性ではなく男性が恋愛対象ですね。

よく間違われがちなのが、ホモもゲイも同じと考える人がいること。

大変失礼な、男性が好きだという感情のみで見るなら同じですが、心と体の状態で呼び方も本来の意味もまったく違います。

ホモ・ゲイ・ニューハーフの違いについて

ホモとは

男性の心と体で男性が好きだという男性を指します。

・ゲイとは

男性の体に女性の心を持ち、男性が好きだという男性を指します。

・ニューハーフとは

心が女性で体も女性になれた、男性が好きだという元男性を指します。

・バイとは

どちらの性別であれ、両性別に対し恋愛感情を抱くことのできる人を指します。

以上の性質を持つ人は、近くに理解者が少なく偏見や差別を受けやすいという人生を歩む場合が多く、悩みを抱えつつ自分を誤魔化し隠して生きる方も多いようです。

理解まではできなくても、せめて偏見や差別はしたくないものですね。
sponsored link

江崎びす子の彼氏は?

江崎びす子の彼氏については自身の公式ブログやインスタなどで、こちらの方だと紹介していました。

職業:会社員

年齢:びすこの10コ上(31~33歳?)

誕生日:5月15日

身長:192cm

性格:優しい

今も幸せそうな写真が投稿され続けていますので、ファンは温かく見守っている状態ですね。

江崎びす子の情報まとめ。おすすめポイントも紹介!

最後に、本記事で判明している情報についてまとめていきましょう。

・江崎びす子とは、1995年1月30日生まれのイラストレーターで現在22歳

・別の活動名に『atelierM.U』がある

・代表作は「メンヘラチャン」で、人気爆発のきっかけはTwitterのらくがきから

・公式サイトや公式ブログなどSNSを多く活用している

・幼少の頃にしつけが厳しかったため、現実逃避のために絵を描いていた

・小学3年生のときに両親が離婚し、祖母から虐待を受けていた

・自身がゲイであることは公表しており、ファンも応援している
sponsored link

江崎びす子の作品おすすめポイントとは?

江崎びすこの作品はやはり「面白い」に尽きます。

まるで風刺画のようにユーモアと皮肉が込められた内容で、思わず「あるある」「そうなんだよね~」と納得してしまう点が面白さの中心にあるのです。

それだけではなく、世間が避けがちな人の鬱な部分。

人間の弱い部分をしっかりと伝える作品が江崎の作品にはあります。

それが2013年、大学受験を控えていた江崎が現実逃避にらくがきをTwitterに投稿したことで話題となった、江崎びす子の代表作とも言える『メンヘラチャン』は、病みカワイイというワードを生み出したキャラクター・作品です。

物語自体はpixivで見ることができ、メンタルヘルスやリストカット等の一般的に避けられがちな表現も正面から向き合い、悪と戦うバトル漫画となっています。

相棒にはうさたん(下画像のピンク耳のうさぎ)・サブカルチャンといったキャラクターも存在し、江崎の生み出したキャラクターは複数のLINEスタンプとしても有名ですね。

その人気から、江崎の製作したLINEスタンプは売り上げトップ30位に入ったこともあるほど。

江崎びす子の他作品に関してもTwitterやpixivで読むことが出来ますので、気になる方はぜひ公式のサイトからご覧ください。

以上、江崎びすこ(江崎びす子)のプロフィールや作品についての紹介でした!