アカネキカク(akane)とは何者?プロフィールを紹介。登美丘高校ダンス部のコーチで話題に!


今、話題沸騰中の〝バブリーダンス〟の生みの親。バブリーダンスの振付師のプロダンサー〝アカネキカク〟について今回はご紹介していきたいと思います。

チャンネル概要
チャンネル開設日:2011/08/18
チャンネル登録者数:87,644 人
視聴回数:34,472,143 回
投稿動画数:30 本

まだ30本の動画しか投稿していないにも関わらず、なんと3500万回近く動画が再生されています。

その約3分の1を占めるのが〝バブリーダンス〟です。そのくらい〝バズった〟動画投稿をしたアカネキカクですが、まだまだ素性がわかっていません。

今回は、そんなアカネキカクの本名や出身校など詳しくお伝えいたします。
sponsored link

アカネキカクとは何者?

アカネキカクは3歳の頃からダンスを始めて、現在はプロのダンサーであり振付師です。色々と習い事をしたそうですが、ダンス以外はあまり続かなかったとのこと。

それほどに熱中する何かを幼少の頃から見つけられるのは、まさにダンスの申し子といったところでしょうか。

そんなアカネキカクですが、高校は大阪府立登美丘高校出身です。

大阪府立登美丘高校は、〝日本高校ダンス部選手権 DANCE STADIUM 全国大会優勝〟に輝いたダンスの名門校です。

しかし、アカネキカクが登美丘高校に入学したときは、先輩達が作った〝ダンス同好会〟しかありませんでした。

アカネキカク自身が先生に〝校則は守るから〟という約束のもと、同好会から〝ダンス部〟を作ったみたいです。

アカネキカクは母校をダンス大会で優勝させただけではなく、ダンス部の創設者でもありました!その後、大学進学の為上京。

大学1年生の時には登美丘高校のダンス部コーチに就任しました。

そして2015年,2016年校ダンス部選手権 DANCE STADIUM全国大会優勝に導いています

素人目からみても、アカネキカクの振付るダンスは、キレッキレで独特なモーションがあります。パワフルでコミカルな振りもあって、見ていて本当に楽しい気持ちになります。

ツイッター上でも、〝すごい〟や〝癖になる〟という声がかなり上がっています。

そんなアカネキカクがどういう人物なのかもっと詳しく調査してきました。

アカネキカクのwiki風のプロフィールを紹介!

続いて、アカネキカクのプロフィールを紹介していきます!

 ふりがな    あかねきかく

名前  アカネキカク

            プロフィール            

本名:宮崎朱音(みやざきあかね)
性別:女性
出身地:大阪府岸和田市
誕生日:1992年8月13日
年齢:25歳
出身高校:大阪府立登美丘高校
出身大学:日本女子体育大学舞踏学専攻
職業:プロダンサー

まだまだ不明な点が多いアカネキカクです。所属事務所はわかりませんでしたが、アカネキカクは自身で会社を設立している可能性があります。

こちらのコメント欄のやり取りに、会社を作ったというコメントがあります。ただ、会社設立についてですがまだ本当のところはわかっておりません。

アカネキカクのホームページを確認したのですが、残念ながら会社概要まで記載はされておりませんでした。

在住に関しても、東京なのか関東なのかはっきりとした情報は公開しておりません。

しかし、大学も無事卒業されておりますし、関西を中心に活動しているので関西在住ではと予想されます。

アカネキカクはギャグや冗談をよく投稿されているので、もしかしたら会社作ったというコメントは冗談かも知れないですね。

実力・実績を兼ね備えたアカネキカクの経歴なので、会社を設立して世にアカネキカクの振付けを広めてほしいです。
sponsored link

アカネキカクの本名は?

本名ですが、〝宮崎朱音〟で間違いありません。

産経新聞にアカネキカクのインタビュー記事が載っていたのですが、そのプロフィール欄に書いてあったのでまず間違いありません。特に芸名で活動する予定はないみたいですね。

アカネキカク自体がインパクトのある名前なので、それだけで十分印象に残りますよね。

アカネキカクの誕生日と年齢は?

アカネキカクの誕生日は、ツイッターTOPに記載されていた8月13日で間違いなさそうです。

誕生日ですが、こちらも本名同様産経新聞のプロフィールに記載されていました。

平成4年生まれ(1992年生まれ)で今年25歳ですね。まだまだ若い彼女が手にした賞は数知れず。若干25歳が獲得するレベルじゃないほど受賞しています。

ミュージックステーションや甲子園のCMにも抜擢されるほどの振付けセンスなので、このままいけば振付け界の頂点に立ちそうですよね。

アカネキカクの出身は?

アカネキカクの出身は大阪府岸和田市が出身です。

動画やテレビのインタビューでは、コテコテの関西弁を話す彼女の姿がみれますよ。
sponsored link

アカネキカクの振付が凄すぎる

アカネキカクといえば、やはり外せないのが〝バブリーダンス〟ですよね。

アカネキカクの名前は知らなくても、バブリーダンスの名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。テレビや雑誌、ありとあらゆるメディアで紹介されたバブリーダンス。

その生みの親が〝アカネキカク〟です。

【TDC】バブリーダンスPV 登美丘高校ダンス部 Tomioka Dance Club


こちらの動画は、なんと1400万回も再生されています!そのくらい世間に旋風を起こしたダンスの生みの親というのはすごいですよね!

ただ、すごいのは振付けだけではありません。

登美丘高校ダンス部でe-girlsの「Follow Me」を踊った動画はミュージックステーションにも取り上げられました。

こういった既存にある振付けでも、指導がしっかりできるほどダンスに精通してるのがアカネキカクです。

さらに、毎年恒例となった、夏のポカリスウェットのダンス選手権にも参加しています。

ポカリ鬼ガチダンス選手権☆踊ってみた


動画のサムネイルからも、既に伝わってくる青春感!登美丘高校ダンス部の子達が踊ってるのですが、相変わらずのキレのあるダンス、そして表情。

どれをとってもザ・青春といった感じで素晴らしいですよね。

こんな難しい振りまで指導できてしまいます。アカネキカクが振付け師、指導者として人気になる理由も、これらの動画をみれば頷けますよね。

アカネキカクと登美丘高校の関係を解説する

アカネキカクは元々登美丘高校出身というのは前述した通りです。

元々ダンス同好会しかなかった登美丘高校に〝ダンス部〟として設立したのがアカネキカクです。

そんな彼女が卒業し大学1年になった頃、顧問の先生から「アカネキカクがいなくなって後輩が練習に戸惑っているから、コーチ登録をしてほしい」と連絡があったみたいです。

つまりアカネキカクは、高校を卒業して大学1年になっても登美丘高校とかかわりがあったんですね。

高校卒業して1年と経たずに母校に貢献するという、登美丘高校にとってアカネキカクは切っても切れない関係ですよね。

そして顧問の先生にそこまで言わせる、アカネキカクの指導力の高さへの信頼性がわかりますよね。
sponsored link

アカネキカクの魅力はトレンドに合った動画投稿

アカネキカクはプロのダンサーです。プロのダンサーなので、バブリーダンスのような激しい振りだけじゃなく、しっとりとした曲にあった振付けもできます。

ですが何と言っても、アカネキカクの一番の魅力といえば〝流行や企画、トレンドに合った動画投稿〟ではないでしょうか。

社会現象にもなった恋ダンス女子中学生・女子高校生の間で流行ったTWICEなども投稿しています。その楽曲に合ったキレのいいダンスや表情。

これが、芸能人や各メディアで取り上げられる、アカネキカクの魅力の最大の理由ではないでしょうか。

アカネキカク まとめ

ここまでご覧いただき誠にありがとうございます。

テレビや新聞にも取り上げられたプロダンサーYoutuberの〝アカネキカク〟はいかがでしたでしょうか。

まだまだ、魅力を伝えきれていないダンスや動画があるのでご紹介します。

【TDC】登美丘高校ダンス部 バブリーダンスに1人プロダンサーを混ぜてみた結果、とんでもない事態に…


こちらの動画では、プロのダンサーであるSHINSUKE(from. Beat Buddy Boi)と登美丘高校ダンス部のコラボ動画となっています。

さすがプロという感想と、そのプロに引けを取らない登美丘高校ダンス部の部員は、本当にすごいなと2面から楽しめる動画になっています。

【TDC】TWICE「OOH-AHH하게 」踊ってみた♡ 登美丘高校ダンス部 Tomioka Dance Club


こちらの動画は、ミクチャ(Mix Channel)やYoutubeの踊ってみたでも人気の楽曲TWICE Like OOH-AHH を、登美丘高校ダンス部で完コピした動画です。

可愛い女子高生が可愛いダンスを踊っている。もうそれだけで一見の価値があるのではないでしょうか笑

ダンスに関してはアカネキカク指導のもと、文字通り完コピしてるのでダンス練習の参考にもなります。

アカネキカクのYoutubeチャンネルには、まだまだ素敵な動画が沢山あるので是非一度ご覧になってみてください。

元気になる動画ばっかりなので、どの動画をみてもハズレはありませんよ!以上がアカネキカクのまとめでした!